第7回谷中骨董市出店者さま専用ページ

11. 搬入出案内 UPDATE

第7回のブース場所、および搬入案内です。こちらの搬入案内ページからご確認ください。

>谷中骨董市搬入出案内

10. 車出店枠の増設についてのご注意とご協力のお願い UPDATED

車出店枠を増設しました。その為、レイアウトが以前と一部変更になっています。
駐車スペースが狭くなるエリアもございますが、何卒、ご協力をお願いします。
また、昨今、ブレーキとアクセルを踏み間違える事故のニュースを見聞きします。車でご来場の出店者さんは、運転にはくれぐれもお気を付けください。

安全のための入退出についてのご協力のお願い

  •  車出店の方・・・お客様、および、手持出店者さんが退出するまで、車の退出はできません。また、駐車完了後は、退出時まで、車を移動することはしないでください。


  •  手持出店の方・・・車の入場・駐車が完了するまで、会場内へは入れません。手持出店の方は8:45からご入場ください。

9. 3月3日(日)東京マラソンと千駄木マラソンに伴う交通規制に関するご注意 UPDATED

1.東京マラソン

  •  直接、谷中エリアには影響はありませんが、車で来場される出店者さんは、東京マラソンに伴う交通規制にご自身が通る経路に影響がないか、ご確認ください。交通規制の対象となる経路を予定している方は、迂回をご検討ください。


参考: 東京マラソン2024 交通規制のお知らせ 


2. 千駄木マラソン

  • 8:30頃から、団子坂下周辺~道灌山下周辺までの不忍通りで、一部交通規制が入り、車での走行に時間がかかる可能性があります。千駄木方面からの車走行にはご注意ください。3月3日(日)の車出店の方は、 8:15頃までには延命院の会場前にご来場いただくことをお勧めします。
  • 手持出店で千駄木駅をご利用の方も、人が多くなって歩きにくくなる可能性もありますので、ご留意ください。


 >参考:千駄木マラソンに伴う交通規制について(浄風会さんのページ)

また、3月3日(日)は、都内各バス路線の運行が、運休・迂回運転となるところもありますので、出店者さんご自身で、来場経路に影響がないか今一度ご確認ください。

8. 以下の項目をお守りください UPDATED

出店要項・出店規約にも記載していますが、円滑・安全な運営の為、必ずお守り頂きますようお願いします。

  • 出店証を持って帰らないでください。2日間出店される方も、 翌日にまたお渡ししますので 1日ごとにスタッフに渡すか、受付の箱に入れて帰ってください。手持出店の荷物預かりサービスをご利用される方は、荷物と一緒に出店証を結びつけてお帰りください。


  • 谷中骨董市会場は禁煙です。延命院さんに設置している灰皿は、延命院さんの来客専用です。出店者さんは使用しないようにお願いします。


  • 谷中骨董市会場は飲酒禁止です。お酒は骨董市終了後にお楽しみください。


  • 谷中骨董市での出店ブースは、細かい線引きなどはしておりません。初参加の方から、どこまで使用してよいのか?との質問をいただきますが、お客様の通り道を確保し、かつ、近隣の出店者同士で話し合って問題なければ、空いているスペースは活用して頂いて構いません。ただし、土になっているエリア(延命院さんの樹木が生えているエリア)には立ち入らないようにお願いします。アスファルト/コンクリート部分のみで活動してください。

7. 終了時間が16:00へ延長となる点の注意事項 UPDATED

第7回より終了時間が16:00となりますが、延命院さんの御本堂も16:00で閉まります。
荷物預かりサービスを利用する手持出店の方は、3月2日(土)は15:00過ぎ頃から片づけを開始し、 16:00までに必ず荷物を預けられるようにしてください。16:00までに間に合わなかった荷物を、駐車場に置いて帰ることはできません。 

持って帰って頂くか、日暮里駅のコインロッカーに預けるなどしてください。

また延命院さんのトイレの使用も16:00までとなります。16:00以降にトイレを使用したい場合は、セブンイレブンや日暮里駅のトイレをご利用ください。

ちなみに駐車場は16:00を過ぎても使用可能です。

6.割引クーポンについて UPDATED

先着300名のうちの1/4 にあたる各日75枚(2日間合計150枚分)の割引クーポンを案内マップの中に入れて配布予定です。お客様から以下のクーポンを渡されたら、表示額を割引してください。原資は谷中骨董市事務局持ちとなりますので、受付で換金します。なるべく第7回の谷中骨董市期間中(3/2・3/3)にお持ちください。時間がなくて期間中に換金できなかったクーポンをお持ちの出店者さんは、3/16(土)までに事務局まで必ずご連絡ください。連絡がない場合は、無効となります。

  • 谷中骨董市の商品購入のためのプロモーション割引クーポンで、換金・釣銭不可となります。
  • 過去に配布したクーポンは使用できません。(有効期限はクーポンに記載されています。)出店者さんの裁量で値引きするかどうかはお任せしますが、事務局では第7回分のクーポンしか換金しませんのでご留意ください。


御協力のお願い
5,000円のクーポンを手に入れたお客さま、もしくは5,000円のクーポンを使用して購入した商品を、谷中骨董市のインスタグラムで紹介させていただきたいです。お客様がOKなら、 お客様ご本人、もしくは購入した商品の写真を撮って、事務局に共有してください。よろしくお願いします。※1,000円のクーポンでもOKです!

第7回3月分は青色のクーポンです。

裏面に店名・屋号を記入して、骨董市期間中に受付に持参ください。受付にて換金します。

5.虫よけ

草木が多い場所なので、所によっては、虫がいるかもしれません。受付に虫よけスプレーを用意しておきますので、ご自由にお使いください。

4.日暮里駅の階段とスロープ

日暮里駅から谷中方面出口から出る場合、昇りエスカレーターがございますが、帰りの時間も昇りのままだと思います。エスカレーターの隣に階段がありますが、階段を下るのを避けたい方は、構内に入らずに、御殿坂を下ってそのまままっすぐ進み、線路を橋で渡った先にある北口(舎人ライナー入口手前)から入るとスロープがございます。階段を避けたい方はスロープをご利用ください。 

なお、日暮里駅の各路線のホームから駅改札階に出るには、いずれもエレベーターがあります。 エキュートのある改札階へ向かってください。

谷中出口のエスカレーターと階段。
短いですが、一日中エスカレーターは昇りのようです。

構内に入らずまっすぐ進むと右手に北口があります。

北口にはスロープが設置されています。

3.トイレについて

トイレは延命院さんの本堂の中にあります。使用可能時間は8:00~16:00です。
本堂正面から靴を脱いで室内へお入りください。左手頭上に小さいですが、「御手洗」の案内板がありますので、その案内に沿って廊下を進むと、左手奥にあります。
なお、骨董市の一般のお客さまには開放していないので、お客様には近くのセブンイレブンのトイレなどをご案内してください。

本堂正面入り口から入ってください。室内土足禁止なので、靴を脱ぎ、スリッパに履き替えてください。

廊下を進むと突き当り右手奥にあります。

2. 会場内の写真・動画撮影について

SNS全盛の時代背景を踏まえ、谷中骨董市では、原則、会場内の写真・動画撮影をOKとしています。なるべく、柔軟に対応頂きたいのですが、写真・動画撮影不可の出店者様は、その旨、お客様へお伝えください。


1.インスタグラム用写真提供のお願い 

谷中骨董市インスタグラムに出店者様と出店予定商品を紹介させていただきます。
 

出品予定の写真1枚(3枚まで) と簡単な出店者と出品商品の説明をメールでお送りください。なお、インスタグラムのアカウントのある出店者様にはタグつけ致します。
商品写真は単品でも複数でも構いません。ただ、ある程度、どんな商品かがわかる写真のほうが売れやすい傾向にあると思います。また、できる限り、「谷中骨董市で売る商品」として頂けると有難いですが、それまでに売れてしまった場合は、似た傾向のものをお持ちください。

データ形式:jpgまたはpng 

サイズ:正方形 1080×1080ピクセル以上推奨 (最小サイズ600x600ピクセル)
※リサイズできない場合はこちらで調整いたします。
※第2回までは3枚の写真を横一列に並べるように投稿していましたが、第3回分から、1出店者様につき1投稿となりました。複数枚写真がある場合は、写真の複数投稿で対応させていただきます。なおデフォルトで表示させたい写真がある場合は写真提出時にお知らせください。

以下は例です。実際の出品物とは異なります。(説明文はもっと詳細なものでも歓迎します!)
なお、谷中骨董市のインスタグラムで、過去の投稿をしていますので、そちらも参考にしてください。
>谷中骨董市インスタグラム

ミッドセンチュリー1950~60年代ごろのヴィンテージリング。

XXXアンティーク

@ XXX Antiques

アンティークジュエリー、ヴィンテージコスチュームジュエリーなどを扱っています。

1950年代のイギリス製猫型ティーポット。

***ヴィンテージショップ
@ ***vintageshop

イギリスから買い付けたアンティーク・ヴィンテージ品中心に扱っています。

大正・昭和初期の招き猫、福助、人形など。

AAA骨董店
@ AAA骨董店

昭和レトロな可愛いものなどをお届けします。